主な取り組み

地域における公益的な取り組み

1.生計困難者に対する相談支援事業(えんくるり事業)

 家庭機能の変容や地域のつながりの希薄化、雇用形態の多様化にともない、様々な「生活のしづらさ」を抱えているにも関わらず、制度に結び付いていない、あるいは、制度の狭間にあって、必要な支援を受けられない方がいるなど、地域における福祉課題・生活課題が深刻化しています。このような課題に対応するため、鳥取県内の複数の社会福祉法人が連携し、支援を必要とする方をトータルで支え、総合相談・自立支援を行っています。

2.Re:START支援事業

 様々な理由で長期間、自宅などから出ず、自宅外での生活の場がない方などを支援するため江府町から『Re:START支援事業』を受託しています。
「自宅以外に居場所がない」、「自宅から出たくないけど、外部とつながりを持ちたい」、「仕事をしてみたいけど、どうすればいいのか分からない」など、悩みはあるもののどこに相談したらいいか分からない・・・そういった方からのご相談をお伺いします。
相談は無料です。ご本人、ご家族などどなたからの相談でも構いません、個人情報は厳守いたしますので安心してお問い合わせください。
 

事業内容 問い合わせ 電話番号 担当
えんくるり事業 居宅介護支援プランドオフィス 0859-75-3646 佐々木 学
Re:START支援事業 居宅介護支援プランドオフィス 0859-75-3646 西古 久恵

法人の取り組み

企業として安心して子供を産み、育てられる社会の実現を目指します。

2.鳥取県キャリア教育推薦協力企業

鳥取県が推進するキャリア教育の推進について、高校生の受け入れ等を行っています。

障がいがあっても社会の中で普通に暮らしていけることを目指し、その支援を行っています。

鳥取県の小中学生の職場体験を受け入れ等を行い、社会教育推進の支援を行います。
また、職員の皆さんが、家庭教育にきちんと携わることができるように、法人として支援する取り組みを考えていきます。

5.中間的就労支援推進事業 就労体験協力事業所

中間的就労とは「働きたいのに働く場となかなかつながることができない」、「働きたいけど家庭等に事情があって短時間からしか働けない」など、さまざまな事情から直ちに一般就労で働くことが難しい方に対して、本人のステージに応じて提供される就労形態の一つです。
当法人はこのような方々を積極的に受け入れ、一般就労に繋げることができるように支援する協力事業所に認定されています。

仕事と家庭の両立に配慮しながら、男女ともに働きやすい職場づくりに積極的に取り組む企業として鳥取県知事により認定されています。

管理的地位に占める女性の割合が25%以上となることを目指し、人材育成や環境整備を行うための方針を表明し、それらを実現するための行動計画を策定した上でこれを実施することに取り組む企業が認定を受けることができます。

男女共同参画推進企業.gif 輝く女性パワーアップ企業.png 家庭教育推進協力企業2.png

職員の派遣、協力

職員の持つ能力を地域へ還元するため、各種団体・委員会等への派遣を行っています。
内容 役職等
○江府町介護保険計画策定委員・江府町障害福祉計画策定委員 各事業所責任者
○YMCA米子医療福祉専門学校 非常勤講師 副理事長
○YMCA米子医療福祉専門学校学校 学校関係者評価委員 副理事長
○YMCA米子医療福祉専門学校学校 教育課程編成委員 副理事長
〇鳥取県社会福祉法人経営青年会会長 理事長
○平成31年度米子市高齢者保健福祉計画及び介護保険事業計画策定委員 理事長
○鳥取県介護福祉士会 会長 特養副施設長
○鳥取県介護支援専門員連絡協議会 西部支部 理事 特養副施設長
○鳥取県理学療法士会理事 主任理学療法士
〇全国社会福祉法人経営青年会委員 制度政策委員会・経営検討チームリーダー 理事長
〇鳥取県社会福祉施設経営者協議会理事 理事長
〇米子市地域密着型サービス運営委員長 理事長
〇鳥取県中小企業家同友会幹事 バリアフリー委員会 理事長
〇日野高校魅力向上推進協議会委員 理事長

次世代育成支援対策推進法及び女性活躍推進法

福祉・介護職員等の処遇改善について

福祉・介護職員等の処遇改善に取り組むべく、「介護職員処遇改善加算Ⅰ」「介護職員等特定処遇改善加算ⅠまたはⅡ」を算定しています。

クラブ活動・その他の活動

法人内でのクラブ活動や職員がプライベートで行っている活動です。
 

野球部

町内の野球大会等に参加しています。今後の活躍に期待しましょう!
 

卓球部

町内外の各種大会に出場しています。徐々に成績が上昇中
上へ戻る